日本の古い街並みを楽しむことができる町「川越」です。

着物を着て楽しみつつ
「どこに行けばいいかわからない!」
「どこかのカフェで時間を使いたい!」

という方に向けて本記事では、川越のおすすめカフェを紹介していきます。

Cafe Matilda

パンケーキ
引用: Cafe Matilda

川越駅より徒歩15分の所にあるのが、この”Cafe Matilda”です。

川越の観光スポットが立ち並ぶ通りの近くにあり、フィギュアといったかわいい置物が多く存在し、遊び心があふれるお店となっています。

この店の看板商品は何といってもパンケーキです!!あったかいパンケーキの上に乗ったアイスクリームが溶け、絶妙に混ざり合い甘さが絡み合っています。

シノマコーヒー大正館

https://www.instagram.com/p/B96rqkrBRoC/?utm_source=ig_web_copy_link

川越駅より徒歩19分の所にあるのが、この”シノマコーヒー大正館”です。

内装はその名前の通り、大正時代を思わせるような作りであり中に入ってみると、古く歴史を感じるつくりにあるが、痛みを感じることなく心地よい空間が広がっています。

またこのお店ではモーニングを12時まで行っており比較的安く食事をすることが可能ですので懐にも優しくなっています。

紅茶浪漫感シマ乃

引用:川越をわたる(仮)

川越駅より徒歩15分の所にあるのが、この”紅茶浪漫感シマ乃”です。

観光外の1番にぎわう一番街の一番前にある紅茶専門店です。店内に入ると川越の雰囲気に合ったノスタルジックなもので、ゆったりと紅茶とスイーツを楽しむことができます。

4人席のテーブル席が5つとカウンター席があるので、一人でも団体であっても楽しむことができます。

気になるメニューは紅茶が20種類以上そろえられてあり、前述で紹介した「 シマノコーヒー大正館 」の系列です。

足湯喫茶椿や

川越駅より徒歩23分の所にあるのが、この”足湯喫茶椿や”です。

日本庭園を思い出させるかのような、石庭であり着物を着た際にはぜひとも一度は行きたい場所になっています。受付では「檜足湯」「桶足湯」のどちらから選ぶことができ、好みに合った足湯を選択することができます。

気になるメニューは足湯の中で楽しむことができ、「川越抹茶アイス」「川越堂エッグタルト」などが用意されており、ここに来た際にはぜひ食べていきたいものです。

和芳庵

和芳庵 店内の様子
引用:和芳庵

川越駅より徒歩27分の所にあるのが、この”和芳庵”です。

「長峰園」というお茶屋さんが運営するカフェであり、畳敷きになっていますので、1階で靴を脱ぎ2階へ各自荷物等を持っていきます。

もともとは呉服屋だったものを改装しているため、いたるところで歴史を感じます。

1階がお茶さんのため、様々なお茶を楽しむことができます。お茶以外であっても抹茶を生かしたスイーツもあるため日本の味を楽しめます。

さつま芋Cafe

さつま芋カフェ
引用: さつま芋Cafe

川越駅より徒歩23分の所にあるのが、この”さつま芋Cafe”です。

"さつま芋Cafe"は一番街のある「くらづくり本舗」の奥にあります。店内は畳を用いた室内なので、とても落ち着き休憩するにはおすすめの場所になっています。

そしておすすめメニューは「べにあかくんパフェ」(¥750)です。べにあかくんとは川越の人気さつま芋スイーツであり、果物と一緒に食べることができるため、最後まで飽きることなく楽しめます。

アートカフェ エレバート

引用:yahoo

川越駅より徒歩22分の所にあるのが、この”アートカフェ エレバート”です。

旧桜井銃砲店を改装し、総2階建ての洋風デザインの土蔵づくりとなっています。

店内に入っていくと間接照明の暖かい光の中で、現代とは違った歴史の空間が広がっています。また踊り場席には限定1組の特別席も存在し、行ってみた際には一度は座ってみたい席となっています。

おすすめは 「エレバート スペシャリティー コーヒー」(\500)です。ブラジル農園で作られた、高品質のコーヒー豆であり、すっきりとした味わいとなっています。

glin coffee 大工町2号店

引用:ameba

続いて紹介するのは”glin coffee 大工町2号店”です。

外観は歴史を感じるようなあせたつくりになっていますが、中に入ってみるときれいに整備された店内が広がっています。

1階で買ったコッペパンとドリンクをもって2階へ上がり、カウンター席やテーブル席で食事を楽しむことができます。

このお店のおすすめは何といっても、「コッペパン」です。十勝あんバター、イチゴジャムマーガリン、イチゴジャムホイップなどこのほかにもたくさんの料理が広がっています。

サンドイッチパーラー楽々

川越駅より徒歩15分の所にあるのが、この”サンドイッチパーラー楽々”です。

川越ベーカリー楽々の2号店にあたるサンドイッチ専門店「サンドイッチパーラー楽々」です。1階でサンドイッチ、ドリンクを買い2階に上がると木製の椅子とテーブルにつき、食事を楽しむことができます。

そこをさらに上がると、屋上にはテラス席が広がっており、晴れの日には絶好のスペースとなっています。

11時まで食事可能なモーニングセットには、サンドイッチ代+¥400でドリンク、豆のマリネ、プリンがついてくるのでとってもお得になっています。

VANITOY BAGEL

川越駅より徒歩4分の所にあるのが、この”VANITOY BAGEL”です。

川越市にある人気ベーグル店となっています。

川越市にある八幡通は車の往来が少なく、落ち着いた雰囲気の通りになっています。中に入ってみるとベーグルの多さにもびっくりします。

もっちりとした触感に、甘さのあるベーグルは何個食べても止まる気配がありません。

Lightning Cafe

引用: Lightning Cafe

川越駅より徒歩25分の所にあるのが、この”Lightning Cafe”です。

川越にあるインスタ映えばっちりのカフェです。2階にあるため少しわかりづらいですが、太陽の光が入り自然光であっても光盛れ抜群です。また店内のインテリアはすっきりとしていて解放感もあります。

メニューにはおにぎりにパントースト、キッシュにケーキなど来る目的がなくとも食べたいものが見つかるメニューの豊富さも絶妙です。

HATSUNEYA GARDEN CAFE

HTGACR191023089.jpg
引用: HATSUNEYA GARDEN CAFE

川越駅より徒歩26分の所にあるのが、この” HATSUNEYA GARDEN CAFE ”です。

もともとは「初音屋」だったので、日本の古き建築物で歴史を感じるつくりになっています。ところどころから光が入ってきて開放感があります。

ここに出てくるコーヒーにはラテアートが施されており、可愛さ抜群です。

むすびcafé

神社のカフェで絶品ランチ。川越氷川神社「むすびcafe」で頂く幸せごはん
引用:LINEトラベル

川越駅より徒歩15分の所にあるのが、この” むすびcafé ”です。

白木のドアに惹かれるシンプルなつくりとなっています。中に入ってみると白を基調とした空間になっており、カフェには珍しい座敷席も用意されておりくつろげる空間になっています。

気になるメニューはその日によってフレンチ・和食から選ぶことになっているので、食べたい方の日程に合わせて選んでいく必要があります。

まとめ

いかがだったでしょうか?

川越で行きたいカフェは見つかりましたでしょうか?

川越には氷川神社や一番街もまだまだ素敵な景観や、カフェスポットがたくさんありますので行ってみた際には、自分だけの特別なスポットを見つけて下さい。

おすすめの記事