神奈川の観光スポット「温泉の町」として知られる箱根です。

「箱根って温泉以外にはどこに行けばいいの?」
「温泉以外にはどんな食べ物があるの?」

という方もいらっしゃると思います。そこで今回は箱根で行きたいおすすめのカフェスポットを紹介していきます。

NARAYA CAFE

https://www.instagram.com/p/BxHxDwRhUUb/

宮ノ下駅から徒歩1分のところにあるのが”NARAYA CAFE”です。

2001年まであった300以上続いた奈良屋旅館がありましたが、後継ぎだった安藤義和さんが、築50年の建物を改装しオープンしました。

「ならやあん」からウッドデッキを渡っていくことも可能であり、人気の足湯となっています。

足湯につかりながら飲むアルコールは他では味わうことのできないとなっていますので、行ったことのない方は是非一度行ってみてください。

Timuny.

箱根湯本駅から徒歩3分のところにあるのが”Timuny.”です。

2F建てであり1Fで商品を買い、店内のらせん階段を上っていくと、日当たりのよいカウンター席とテーブル席があります。

カウンター席にはコンセントも常備されており、そのほかに無料Wi-fiもあるためPC作業にもうってつけです。

メニューには、コーヒーや軽いケーキもあるため箱根観光につかれた際には立ち寄ってみてはいかがでしょうか?

プレジール・ドゥ・ルフ

https://www.instagram.com/p/B8WCHKogJzn/

公園下駅から徒歩1分のところにあるのが、”プレジール・ドゥ・ルフ”です。

木のぬくもりを感じるフレンチテイストの店内は、あたたかい空間が広がっています。

光をよく取り込むように設計された店内に、フランスの骨董品が並ぶ店内はいつもの風景とは違った自然があふれています。

おすすめメニューはパリの名店でお菓子作りを学んだ「パウンドケーキ」です。

バナナやオレンジピールなどから選ぶことも可能で、フルーツの香りを楽しみながら食べることが可能です。

ラ・カンツォーネ

https://www.instagram.com/p/B804LauH3J3/

大涌谷を一望できるここが”ラ・カンツォーネ”です。

毎日イタリア出身の歌手による生演奏が楽しむことができるレストランでもあり、内装には気を使われており、箱根の豊かな自然を感じながらの食事が可能です。

店内では前菜をはじめとするパスタやラザニア、魚や肉のグリル本格的なイタリアンを食べることができます。

LYS

https://www.instagram.com/p/BXHmPWXFDXJ/

広い自然の中にたたずむのがここ”LYS”です。

緑鮮やかなベント芝が植えられた中庭に面しており、大きな窓ガラスから差し込む日の光で、温かい環境の中自然を楽しみながら、食事をすることもできます。

店内には、フランスの宝飾・ガラス工芸作家ルネ・ラリックの作品を展示しています。

気になるメニューは、フランスを意識したカジュアルフレンチを提供しています。

神奈川県産の野菜や肉、魚介類など素材の味を生かした料理がたくさんあります。

ベーカリーアンドテーブル箱根

https://www.instagram.com/p/B2WHEjsAWmw/

2013年7月にオープンしたのが”ベーカリーアンドテーブル箱根”です。

建物は3F建てになっており、1Fがベーカリー・2Fがカフェ・3Fがレストランとなっておりどの階でも楽しむことができるようになっています。

目の前には箱根の芦ノ湖が広がっており、景色面でも絶景が広がっています。

おすすめメニューは「カレーパン」(¥290)です。店頭には毎日60~80種類のパンが並んでいる中で、ぜひ食べてみていただきたい商品となっています。

その他にもソフトクリームなども販売しております。

渡邊ベーカリー

https://www.instagram.com/p/B3BUxHSptso/

日本での有数の観光地の一つである「箱根・宮ノ下温泉」のセピア通りに”渡邊ベーカリー”はあります。

店内はそこまで広くはありませんが、レンガの壁に木製の漆色の椅子と机が、趣きのある雰囲気を演出しています。

ここでのおすすめは何といっても「温泉シチューパン」です。

箱根の観光雑誌のいたるところに掲載もされており、土日祝日は店の外まで行列ができるほどです。

ここでは、イートインでの食事も可能ですが、持ち帰りも可能ですのでふらっと立ち寄りお土産に買っていくのもっかもしれません。

カフェ・ド・モトナミ

宮ノ下駅より徒歩7分の所にあるのが、”カフェ・ド・モトナミ”です。

宮ノ下駅周辺はレトロな雰囲気の建物多く建設されており、「宮ノ下ノスタルジック散策路」として整備されています。

店内に入っていくと、向かいにある富士屋ホテルの面影を残す内装になっており、ところどころホテルのような雰囲気が感じられます。

ここでは、小豆をつかった甘味とコーヒーを味わうことができます。

違和感のある組み合わせかもしれませんが、オーナーが「 好きなもの同士でやれば楽しくできるかなと思って(笑) 」と思い決めたものであり、意外にも愛称はあっていたりします。

茶屋本陣 畔屋

https://www.instagram.com/p/Bw9NZ-OnLek/

「茶屋本陣 畔屋 」は参勤交代の大名たちが泊まる「本陣」をコンセプトに作られました。

当時の「和」と現在の建築様式が見事に重なり合い、歴史とおしゃれさを持つ不思議な建物になっています。

2Fにある”cafe KOMON「湖紋」”は芦ノ湖に隣接しており、窓一面のガラス窓が絶景を演出しています。

気になるメニューは「 畔屋ブレンド 」をはじめとする、「 畔屋特製パンケーキ 」など、SNS映えするような商品もたくさんありますので、キラキラした旅行にしたい際にはいってみてはいかがでしょうか?

ぱんのみみ

https://www.instagram.com/p/Beu53V1Hhe5/

強羅駅から徒歩20分の所にあるのが”ぱんのみみ”です。

店内は木材を基調としており、昔ながらの暖かさを感じるようになっています。

ここで食べていただきたいのは何といっても「ぱんグラタン」です。

10cm以上ある厚切りのパンの中にグラタンを盛り込んだパンは、ボリューム満点です。

サロン・ド・テ・ロザージュ

これまでとはい一風変わって、ホテルのラウンジにあるカフェ” サロン・ド・テ・ロザージュ ”です。

芦ノ湖の眺望を楽しむことができる「山のホテル」の中にあります。

店内には芦ノ湖がしっかり見れるように大きな窓が採用されており、席感覚も広く開放感にあふれています。

気になるメニューは、様々ですが、食べていただきたいのは何といっても「紅茶」と「デザート」です。

数十種類のフレーバーから茶葉を選ぶことも可能であり、季節限定のデザートと一緒に食べるデザートは絶品です。

ビザンダイニング

https://www.instagram.com/p/BWnf5p8ljfT/

芦ノ湖のほとりぽつりとたたずむカフェが、” ビザンダイニング ”です。

3F建物の中に入っていくと、木製のおしゃれなカフェが広がっており、テレビで放送されたこともあります。

気になるメニューは 「遊覧船厚切りパンシチュー」(¥2106)がオススメです。

厚切りのトーストをビーフシチューの中にいれ、チーズと卵を載せてオーブンで焼いた、女性客に人気の一品となっています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

箱根で行きたいカフェは見つかりましたでしょうか?

箱根は温泉の観光スポットとして全国的にも有名ですが、それに付随しておしゃれなカフェがたくさんそろっています。もし箱根に観光で立ち寄った際に、行くところに困ってしまったら、ぜひ一度カフェに行ってみてはいかがだったでしょうか?

SNSで探す

YouTube「GourVi」・・動画で探す

Instagram「GourVi」・・画像で探す

おすすめの記事